2007/10/29

東京モーターショー(まだまだしっかり磨いてます編)

ここまで養生しますよー結構たいへんなんですよー
すいません、周りでふざける人が居たので笑ってしまってます。さっきまで一生懸命磨いていたのに・・・・
こういった細かいところをやるのはいつもやっているところなので慣れてます。やはり手で、やらないとないといけないところなんです。
なにやらMAXはイギリス人のモデルさん達との打ち合わせなのか?MAXは関係あるのか~?^^

東京モーターショー準備(ポルシェ編)

もうほとんど工事が終わった、ポルシェブースです。外にはまだ脚立など置いたままになっています。
奥のほうでは、ポルシェレディーが整列して練習していますねー
マークを見ながら打ち合わせ中
やはりプロですね~ステージの中を歩くのを何回も練習してました。

2007/10/27

東京モーターショー(超話題の車発見)

ジャガーブースで磨いているときに、トイレに行きたくなりトイレを探しているとなんと、コンテナから取り出されたばかりのBMWがありました。普通のE90かと思えば、ところがどっこい・・・・・・・・
4ドアのM3だったのです。ひぃえ~すっごいビックリしておしっこちびりそうになってしまった。正直3滴ぐらい、ちびってしまいました^^だけどすごい、フランクフルトショーでも出て無かったですからねー。さすがに大手メーカーはベールに包まれた感じを演出してる感じですねー。

東京モーターショー(磨き編)

今回はイギリスのケミカルメーカーオートグリムさんの依頼でベントレーとジャガーロータスなどを担当させてもらいました。一緒に写真に写っているのが東京オートクリーナの社長、もう50年も磨きをやっている大先生です。おいらは磨き暦20年ですがまだ半分にもいってません^^おいらの師匠です。
ショーカーといえどもしっかりと磨きます。ちゃんとマスキングや養生などをしてギアなどすごい道具をたくさん使います。
このときは、オートグリムさんの製品を使ってきれいにするということが宣伝の目的なんです。
ジャガーブースを全体的に見るとこんな感じです。全員で50人ぐらいでいろんなブースに分かれて作業します。

東京モーターショーに到着(舞台裏編)

中はまだ工事関係者でごった返していました。みなさんが行くときには、きれいになっていると思いますが、大工さんやクレーンやリフトなどが行きかっていてそんな中、車が続々と搬入されてきます。それを磨く仕事なんです。みなさんの普段見れない舞台の裏側を紹介していきます。
ロールスロイスのドロップヘッドクーペも搬入が終わりショーのモデルさんなどは歩き方の練習などをしていました。

東京モーターショーの準備(関空発)A380発見

今回東京モーターショーの搬入の準備に呼ばれました。今回は関空から飛行機で行くことにしました。そしたら偶然にも、世界初の超大型ジャンボジェット機A380が停まっていました。この飛行機は総2階建てで最大800席の世界最大の巨人旅客機となるのです。主翼長80Mもあります。           
エアバスインダストリー製です。今回はシンガポール航空が第1号機を購入したとのことで納品らしいです。途中に関空に立ち寄ったみたいです。この巨大ジャンボが運行する路線はシンガポール、シドニー間らしいです。おいらは乗ることは無いと思うけど、おいらの弟君はシドニーとシンガポールを行ったりきたりする仕事なので、乗ったら中の写真撮ってきてやーって言っておきました。

夢の飛行機は置いといて現実はこちら、最近でたスターフライヤー真っ黒の飛行機でした。関空、羽田間が、なんと、7900円なんです!!めちゃくちゃビックリしました。2日まえの予約でも席は空いていました。


中は左右3列ずつでした。黒い革っぽい高級感ある感じの飛行機でした。ちゃんとドリンクサービスもありましたし、各座席にテレビが面のあるタイプでなかなか良かったです。皆さんも機会があれば一度乗ってみてください。

ドイツ磨きのたび、最終回

いろんなところに磨きやこーてぃんぐに行きましたが、基本はフランクフルトショーで居てました。
ちゃんと仕事しているでショー^^長くなりましたがこの辺でフランクフルトモーターショーを終わります。
次は東京モーターショー・・・・・・

2007/10/26

ドイツの磨き

すこし、日が開いてしまいましたが、前回の続きからいきますと、左半分を日本チームのおいらが磨きました。最後は、日本から持って行ったドイツ製のギアアクションで磨きました。どうです、この『艶』拡大してみてください。
次にドイツチームです。日本式は時間がかかりすぎだと言いながら、もっと早くきれいになると、いきなり、日本製のギアを取り出し、磨きだしました。実は表面は鉄粉だらけだったのに何もしないでいきなりポリッシュ、びっくりでした。


しかし思うようにきれいにならないのか、ドイツ製コンパウンド、ソナックスのきつめのコンパウンドを持ち出してきて、手でごしごし・・・・・        
この時点でドイツチームはもうアウトって感じでした。                                
PS. ソナックスはドイツでも有名なコンパウンドケミカルメーカーなんです。日本でも売っていますが、シリコンや油分が多いため、プロショップはほとんど使っておらず、ガソリンスタンドや洗車屋さん用って感じのコンパウンドなんです。






磨き終わってからドイツ人チームだけでミーティング、どこが違うのか?話し合っているみたいです。    
その後、きれいになり具合から、圧倒的に日本チームのほうがきれいでした。そこで、ドイツ人チームがプロだなっと思ったのは、自分たちの技術の限界を認め「教えてくれないか」という方向へ変わったのです。さすがです。その辺はしっかり指摘させてもらいました。                               
まず、違いは、ドイツチームは1工程できれいにしようとしていました。おいらは、ネンド、羊毛粗目、羊毛細目、スポンジ極細目、ギアアクションのスポンジ超極細目をいきました。おいらは最低5工程と思っています。だけどドイツチームはみんなが僕の講習会を聴いて目からウロコって感じでした。ドイツ人いわくここまでの技術を見たのは初めてだといってました。こんな珍道中でした^^



2007/10/18

磨き対決 独vs日(MAX)

ホテルにマイ道具を取りに帰って戻ってきました。そちらのお店の代車で対決させていただきました。なぜかドイツなのに日本車のマーチでした。
結構ボコボコで綺麗になるかなーというような車でした。だけど、おいらは、磨きだけは誰にも負けないと言う気持ちがありましたが、車を触るとすごく、今、ドイツで磨いているという実感がありすごく楽しくいつものMAXの仕事をしました。

マスキングテープを真ん中につけて相手の陣地にはみ出さないように磨きました。みんなドイツ人も同業者なので、真剣に見てました。


社長も自分とこの磨きとどこがどう違うのか見てましたこの辺は日本人もドイツ人も同じです。みんな、おいらの仕事を見ている目は『プロの目』でした。僕にはそれがわかったような気がします。        
                                              つづく



2007/10/16

ドイツのディティーリングショップ発見!!

すいません、少しブログのほうをサボっていました。おいらも現場に居るのでパソコンの前に座ったのが10日ぶりぐらいです。 お許しください(ペコリ)                                  
ヨーロッパコーティング屋探しで結局オランダもベルギーもフランスも見つけることができませんでした。(言葉の問題がおおきかったかも^^)                                    
その中でドイツに帰ってきて色々聞きまわった結果見つけました。板金塗装工場→ガラス屋→タイヤ屋→このお店を見つけました。

結構洗車がメインみたいな感じです。しかし、近くの業者さんや一般オーナーはここに頼むらしいです。高級車専門でした。僕がタクシーで降りたときにはポルシェ997GT3Rが出てきたり、ファントムなどが出てきてました。


この人が社長、すごく気さくなお父さん、言葉は通じなかったけど、MAXの写真や日本の雑誌、ビデオなどを見て、すごく感激してくれました。すごく気の合う昔からの友人みたいに、自分の使っている材料を見せ合いました。このあと、独vs日の磨き対決をしたいという話を持ちかけたところOKとのこと、マイポリッシャーと日本のコンパウンドなどを取りに帰り、通訳できる人も連れて行くことにしました・・・・・・つづく

2007/10/03

アムステルダムで磨き屋探し

メッセを抜けてアムステルダムまで来ました。磨き屋さんを探そうと思ってもなかなか無く裏通りに行きました。
するとあやしいストリートみたいで、この通りはほとんど変なタバコのお店ばかりでした。写真には写せませんけど、結構若い人が喫茶店の中でグターッとして変な目で見てました。

それはさておき、ヨーロッパはすごく路面電車が多い国ばかりです。便利でしたが行き先がわからないぐらい停留所がいっぱいです。


中には切符を発行するお姉さんが必ず乗っています。切符を買わないと怒られます。このときお姉さんはハンバーガーをほうばってっていましたけどね。走っている車で多いのは、ベンツBMW、VWでした。磨き屋探しをやめてそろそろホテルを探さないと・・・・




2007/10/01

本日発売のオンリーメルセデス11月号に掲載されました

メルセデスベンツ専門誌の王様と言われているオンリーメルセデス、の11月号にカラー1ページに載せてもらいました。この本はしっかりと製本されていて永久保存できるのです。
中はこんな感じ、メルセデスベンツを乗っている方はぜひ購入してください、最新パーツやインテリアなど、専門誌だけに豊富な内容で、奥が深い本です。当然、チューニングショップやパーツやさんなど本格的なショップばかり載ってますヨー^^


トランスポーター2に出てた車

昨日、日曜洋画劇場で「トランスポーター2」がやっていて車好きなおいらは見ていました。最初からアウディーがたくさん出てきてメインになったのはこれ ↑  W12すごくよく走りかっこよかったー、フランクフルトメッセで見たときは映画のことはわからなかったけど、いまからおもえばもっと見とけばよかったー、昨日の映画を見て一気に欲しくなりました。こんな方多いのでは?・・・・・・・